片付け・収納

使いづらい「押入れ」収納講座!整理収納方法と奥行き活用アイデア

押入れの中がごちゃごちゃ
奥に何を入れたかわからない
押入れの活用法を知りたい

……とお困りではありませんか?

 

転勤族の妻として、団地からマンション、戸建ての押入れまで

あちこちの押入れの収納を経験してきた整理収納アドバイザーのトノエル

押入れ収納について徹底的に解説します。

 

無印良品・ニトリ・アイリスオーヤマ・YAMAZEN・天馬・100円ショップの商品を使った

活用方法もご紹介しますので、この記事を読み終わるころには

あなたの家の押入れを何とかしたくてウズウズしちゃうかもしれませんよ。

 

ぱっと読むための目次

9割の人が押入れ収納に悩んでいる!

トノエルのインスタグラムでこんなアンケートをしました。

押入れの収納方法めっちゃ悩んでます

……というフォロワーさんからいただいたコメントに

「私も」は90%(339名)、

「押入れ収納バッチリ」は10%(39名)という回答をいただきました。

 

なんと9割の方が押入れの収納方法に悩まれているんですね。

 

きっとこの記事にたどり着かれた方もそうなのではないでしょうか。

トノエル
トノエル
今この記事をお読みくださっているあなた!おめでとうございます!!

この記事を読めば、押入れの活用法をマスターしていただけることをめざして徹底的に解説します。

 

押入れが使いづらいのってなんで?
どこに何を収納したらいいの?
おすすめの押入れ収納グッズは?

……そんな疑問にすべてお答えしますよ!

 

 

「押入れの活用」が難しい理由3つ

みなさんお気づきの通り、押入れは難易度の高い収納スペースです。

では、なぜそんなに難しいのか?

それは3つの理由から説明できます。

【押入れの難点】

  1. 奥行が深いから
  2. 高さもある大容量の収納スペースだから
  3. 扉があって中のモノが見えないから

まずは、理由を知ることが、解決方法への近道です。

ひとつずつ難しい理由を説明していきますね。

 

押入れの難点1 奥行が深い

押入れよりはクローゼットのほうが使いやすいと思われる方も多いですよね。

それは一般的なクローゼットの奥行が押入れよりも浅いからです。

  • クローゼットの奥行 40~60㎝
  • 押入れの奥行 80~85㎝

成人女性の腕の長さの平均は67.3㎝と言われていますので、

クローゼットなら奥に置いたモノにも手が届きますが、

押入れだと手が届かなくなってしまいます

 

また、奥にあるモノは単純に見えにくいということもあります。

トノエル
トノエル
だから、押入れは奥に何を入れたのかわからなくなってしまうんだね~

 

押入れの難点2 高さがある大容量の収納スペース

押入れは、下段・中段・天袋に分かれていて、

高さもあり容量も大きなスペースです。

 

家族全員が和室で布団を敷いて寝ていた時代には、

大きく嵩張る布団を収納するのに適したスペースでした。

 

でも、今はベッドを利用する方も多く、この大空間の収納スペースに

収納すべきモノがわからないという方もいらっしゃいます。

トノエル
トノエル
だから、押入れに何を収納すべきか迷うんだよね

 

押入れの難点3 扉があって中のモノが見えない

押入れにはたいてい、襖(ふすま)か、和風の扉がついていますよね。

 

扉を閉めてしまうと中のモノが見えなくて、

必要なモノの出し入れも手間がかかりますし、

どこに何があるのかわかりにくくなってしまいます

 

また扉自体も大きくて開け閉めしにくかったり、

インテリアに合わないなどで困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

トノエル
トノエル
襖の表面は紙製だから破れやすいし…破れちゃったし…

 

「収納のゴールデンゾーン」を知る

「押入れの活用」が難しい3つの理由はわかったけど、それを解決するためには?

……という声が聞こえてきそうですね。

 

つぎは、押入れを活用するために知っておいていただきたい収納の基礎知識

収納のゴールデンゾーン」についてご説明します。

 

そもそも「収納」とは?

syunou-aboutそもそも「収納」とは、使いやすく収めること

では、「使いやすい」とはどういう状態のことでしょうか?

 

多くの人は、必要なモノを目で見て、手で取ります。

 

そこで、見やすく手をのばしやすい

「目線の高さ」~「腰の高さ」が収納の「ゴールデンゾーン」になります。

ここに、「毎日使うモノ」や「週に1回以上使うモノ」など、

使用頻度の高いモノを収納するのがコツです。

 

「ゴールデンゾーン」は人それぞれ

あなたが使いやすいと思う状態と、お子さんが使いやすいと思う状態は同じでしょうか?

「使いやすさ」は人それぞれ。

 

収納のゴールデンゾーンは身長や、腕の伸ばしやすさなど、

身体的な特徴によって変わります。

自分にとっては使いにくい高さも、

身長が違う子どもや夫にとっては使いやすい場合もあるはずです。

 

また、足腰や腕の可動域が狭くなっている高齢者は、

ゴールデンゾーンが狭くなるので、配慮が必要かもしれません。

 

 

「押入れ」の使いやすい位置「ゴールデンゾーン」

押入れなど奥行のある収納は、手前がゴールデンゾーンです。

大人の場合だと、中段の手前側が特にラクに手を伸ばせる位置になります。

 

手前に、使用頻度の高いモノを収納します。

 

奥には、シーズンオフのモノや季節物など、使用頻度の低いモノを収納します。

 

また、収納方法を工夫することで、奥まで日常使いすることもできます。

 

「腰より下」は引出しや、キャスター付きの収納グッズにすると見渡しやすく出し入れしやすくなります。

また、重いモノを収納するのに適しているスペースです。

 

「目線より上」は取っ手付きのカゴや、引っ掛け収納を活用すると出し入れしやすくなります。

また、軽いモノを収納するのに適しているスペースです。

 

ご家庭によっては、布団やスーツケースなど大きなモノで押入れにしか収納スペースが確保できない場合もあるかと思います。

そういったモノは使用頻度に合わせて出し入れしやすい中段か

少し出し入れしにくい下段かを選んで収納するのはいかがでしょうか。

 

 

「押入れ」の扉の特性を知る

押入れについている扉によっても、ゴールデンゾーンが変わります

それぞれ、どの位置が使いやすいのか説明しますね。

スライド式の2枚襖(ふすま)

襖のような、左右スライド式の引き戸の場合は、

両サイドが出し入れしやすいゴールデンゾーンです。

 

部屋の位置関係によって、左右どちらかが、より使いやすい位置にな