トノエルの自己紹介

トノエル
トノエル
数あるブログの中から「トノエル式」をご覧くださり、ありがとうございます

はじめまして、サイト運営者のトノエルです。

 

スマホで簡単に読めるWeb教材と、ZoomやLINEのやり取りで学ぶ

トノエル式【整理収納&引越し】通信講座+コンサル」を主宰しています。

 

このページでは、自己紹介と提供しているサービス、

名前とロゴに込めた想い

トノエルが仮面を脱ぐまでのストーリーをご紹介します。

 

これまでのメディアへの掲載実績などはこちらをご覧ください。

メディア掲載実績 ご覧いただき、ありがとうございます。 このページでは、トノエルのメディアへの掲載実績などごご紹介します。 お...

まずは、自己紹介から!

トノエルというと男性のような名前ですが、

中の人は1982年生まれのおばさんです。

自己紹介をしますね。

 

2児の母、転勤族の妻です

大学入学と同時に一人暮らしをスタート。

大学で学んだ、心理学、人間行動学は、

今も興味を持っていて、関連の本などを読んでいます。

 

大学卒業後も一人暮らしをしつつ、5年半ほど教育機関のマーケティング広報として

バリバリと働いたあと、2009年に結婚しました。

 

結婚後は、大手企業の本社で人材教育(社内マーケティング)の部署に1年ほど勤務。

その後、夫の転勤に帯同するため、専業主婦となりました。

 

高度不妊治療の末、2012年に長女、2014年に長男を授かり、転勤族の夫と4人家族。

現在は3LDK(72㎡)のマンションに暮らしています。

 

結婚当初は夫に転勤族の自覚は無く、過去の引越しの失敗から、

トノエル
トノエル
結婚するなら定住できる人と!

……と思っていたのですが、現実は厳しかった!!!

 

結婚後の12年間で9回の引越しを経験。

このうち、5回は子連れでの引越しでした。

1回目:長女生後4か月(頻回授乳中)

2回目:長女生後8か月(離乳食中)

3回目:長女2歳 長男妊娠6ヶ月

4回目:長女4歳 長男2歳(転園+自宅保育中)

5回目:長女8歳 長男6歳(転校+入学)

子連れでの引越しの大変さは、身に染みております。

 

これまで暮らした家

そんなこんなで、さまざまなサイズやタイプの家に暮らしてきました。

これまで暮らした家は、きちんと記憶しているものだけですが……

  • 25㎡ 1R アパート
  • 35㎡ 1DK マンション
  • 59㎡ 3DK エレベーターなし団地
  • 70㎡ 3DK 2階建て長屋
  • 72㎡ 3LDK マンション
  • 80㎡ 3LDK マンション
  • 90㎡ 4LDK 2階建て戸建て
  • 105㎡ 4LDK マンション

……と、バリエーションは豊かです。

 

採光面は東西南北、

角部屋、中部屋、

最上階、低層階、

新築、築浅、築45年、

……本当に、さまざまなタイプの家に暮らしてきました。

 

狭い家から、広い家にサイズアップする引越しのときは、

そんなに大変ではないのですが、

サイズダウンするときは、とっても大変。

 

おのずと、自分の持ち物や暮らし方を見直す機会となりました

 

2016年、整理収納アドバイザー1級を取得

度重なる引越しの経験をもとに、

本当に必要なモノだけにして

暮らしやすく配置・収納することで

生活がラクになる

……ということに気付き、

 

2016年に整理収納アドバイザー1級の資格を取得しました。

 

インスタグラムや各種メディアで、

整理収納や引越しをテーマに情報発信をしています。

 

メディア掲載実績 ご覧いただき、ありがとうございます。 このページでは、トノエルのメディアへの掲載実績などごご紹介します。 お...

 

2019年「トノエル式【引越し】通信講座+コンサル」スタート

誰だって思いますよね。

子どもの記憶に残る実家の風景がきちんと整っていて、私はご機嫌な母でいたい!

……って。

自分自身が、たくさんの失敗を経験してきたからこそ、

トノエル
トノエル
そんなお母さんを、応援したい!

 

……という想いで、これまでの引越しの経験と、

学びを深めてきた整理収納の知識や技能をもとに、

引越し通信講座と、コンサルティングをスタートさせました。

 

整理収納も学べる!トノエル式【引越し】通信講座+コンサルオンライン完結の【引越し】通信講座+コンサルのご紹介です。 「子どもの記憶に残る実家の風景が、きちんと整っていて、私はご機嫌な母でいたい」という方に向けて開講しております。...

 

2020年「トノエル式【整理収納】通信講座+コンサル」スタート

引越し通信講座を開始した当初から、

「整理収納」も通信講座を作ってほしいという要望をいただいていました。

 

新型コロナウイルス対策での在宅時間が増えて

部屋をスッキリとさせたい!というお声も多くなり、

整理収納通信講座と、コンサルティングをスタートさせました。

 

オンラインでの学習やサポートに特化しています。

 

コロナ禍でオンラインサポートをはじめられた同業者も多いのですが、

トノエル式の特徴は整理収納の方法を体系的に学べる「通信講座」があること。

 

家族の成長や環境の変化で、暮らしは日々変化します。

その変化に対応するためには、あなた自身に「整理収納のチカラ」を身につけていただくことが大切だと感じています。

 

「今」の部屋をキレイにするだけじゃなくて、

「これから」も変化に合わせて自分で整理収納できるように。

 

そんな「整理収納のチカラ」を身につけていただくための講座+コンサルを行っています。

 

片付け上手になれる!トノエル式【整理収納】通信講座+コンサルオンライン完結の【整理収納】通信講座+コンサルのご紹介です。 「子どもの記憶に残る実家の風景が、きちんと整っていて、私はご機嫌な母でいたい」という方に向けて開講しております。...

 

トノエルの名前に込めた想い

ここで、トノエルの名前とロゴに込めた想いをご紹介します。

「トノエル」くらいがちょうどいい。

整理収納や片付けというと、

「きっちり丁寧に、完璧に」

というイメージをお持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

 

だけど、小さな子を育てていたり、

引越しが多かったりすると、

整えても整えても、

家族や家の変化に対応しきれなくて苦しくなりますよね。

 

それなら、「きっちり丁寧に、完璧に」

しようとしなくていいんじゃないか!

 

肩の力を抜いて……

 

「整える」ほど丁寧じゃなく

「トノエル」くらいがちょうどいい。

 

そんな気持ちで、「トノエル」と名付けて活動しています。

 

名前に込めたもう一つの意味

実は、トノエルには裏の意味があります。

私たち夫婦は、2009年12月に結婚式をしました。

そのとき牧師さんが、こんなお話をしてくださいました。

毎日をクリスマスのように、

楽しくすごしてね!

 

とても浮かれた話ですが、

人生最高潮に浮かれていた私の心に、

ストンと入ってきたのでした。

 

暮らしを「トノエル」ことで、

毎日がクリスマスのように、

楽しい日々になれば。

 

そんな思いも込めています。

 

ロゴのデザイン

トノエルは、インスタグラムやWebサイトでは顔出しをしていません。

理由は、

  • 家の中を状況を発信するので防犯対策として
  • トノエルが身バレすると、夫・子どもも身バレする
  • ただ単純に恥ずかしい

……といった、超個人的な理由からです。

 

それでも、みなさんに少しでも親しみを持っていただけるように、

トノエル = tonoel 

の文字を、顔のように手描きにしてロゴをデザインしてみました。

 

どちらかというと、夫にそっくりで、

子どもたちがこのロゴを見ると

「お父さんだ!」と言います。

 

LINE「トノエルの中の人」は仮面を脱いでいます

2021年6月、「トノエルの中の人」のLINEを開設

心境の変化もあって、LINEではトノエルの仮面を脱いで活動することにしました。

 

理由は、顔出しをすることで

  • コンサル生に対して、より誠実に向き合える
  • コンサルも音声通話→ビデオ通話でサービスの向上になる
  • 申込み前の方にも安心してもらえる

……と考えたから。

 

あと、実は一番の決めては、

  • 娘に「母=トノエル」だということバレたから
  • そして、意外と嫌がってなかった(というか喜んでいた)から

……というこれまた超個人的な理由からです。

 

子供たちに「誰かの役に立っている母の姿」を見せられていれば、

こんなにうれしいことはないと思っています。

 

ちなみに、この「トノエルの中の人」のLINEに友達登録をしていただくと、

無料講座「7日間でラク家事!冷蔵庫で実践する整理収納術」をプレゼントしています。

講座で受講したら5,000円くらいはしそうな内容を学んで実践していただけます。

▼このボタンををタップして「LINEアプリ」を開き、友だち追加してください。

友だち追加
【LINE登録6つの特典】「トノエルの中の人」と友達になろう!LINE友だち限定(1)無料講座「冷蔵庫で学ぶ整理収納の基本」プレゼント♪1週間で使いやすい冷蔵庫になります!(2)サービスの先行告知・先行予約(3)友だち登録者限定企画 など、お得情報満載です。...

 

いかがでしたか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

こんなトノエルですが、仲良くしてくださるとうれしいです。

 

トノエル
トノエル
これからも、どうぞよろしくお願いします!