片付け・収納

ズボラさんに朗報!無印「PPケース」でレジ袋を畳まない簡単収納法

スーパーやコンビニ、100円ショップに行くと、

必ずといっていいほど持ち帰ることになる

レジ袋やビニール袋

 

どんどん増えるこれらの袋の収納方法に、

頭を悩ませている方も多いのでなないでしょうか。

 

正直、たたむのは面倒くさい!
簡単なたたみ方はないの?
ゴミ袋として再利用するときに、サッと取り出せるレジ袋ストッカーの作り方は?

……そんな悩みを簡単に解決する、

  • レジ袋をたたまない、結ばない、伸ばして引出しに収納するアイデア
  • きれいに保管したいショップ袋を収納するアイデア
  • 収納をキレイに維持するコツ

……をご紹介します。

「レジ袋」「ショップ袋」どう使う?

どんどん増えるレジ袋とショップ袋

あなたはどのように収納して、どのように使用していますか?

syunou-about「収納」とは、使いやすく収めること。

 

では、「使いやすい」とはどういう状態のことでしょうか?

 

どんな収納方法が使いやすいかは、

トノエル
トノエル
どんな場面で使うモノなのか?

……を、まずは考えることが大切です。

 

例えば……

  • 「大きめのレジ袋」は、ゴミ箱の内袋にしている
  • 「小さめのビニール袋」は、キッチンで出る生ごみを包むのに使っている
  • しっかりとした「長方形のビニール製のショップ袋」は、人に何かと渡すのに使っている

……など、あなたはどんな使いかたをしているのか、考えてみましょう。

 

無印「ポリプロピレンケース」を使ったレジ袋の簡単な収納方法

まずは、主にゴミ袋として使用する、

レジ袋の収納アイデアをご紹介します。

 

ここでポイントになるのは、

レジ袋は広げて使うもの

……ということです。

 

サッとしまって、

サッと取り出して使うためには、

用途別に分けて、

しまいやすく取り出しやすい方法で収納しておきたいですね。

 

ステップ1 利用方法別に分ける

大きめのレジ袋はゴミ箱の内袋として、

小さめのレジ袋は生ゴミ用のゴミ袋として使用する場合、

収納前に用途別に、

大きい袋と小さい袋を分けます

 

これによって、

手に取ったモノが必要なサイズではなかった

……という失敗を防ぐことができます。

 

ステップ2 レジ袋をのばす

レジ袋は広げて使うもの。

 

したがって、

使うときに使いやすく保管しておこうと考えたときに、

たたんだり、結んだりしていると、

広げる手間がかかってしまいます。

たたんだり、結んだりするのも手間なのに、

使うときにも手間がかかるのは、大変ですよね。

トノエル
トノエル
これぞ二度手間!

 

オススメは、袋をサッとのばしておくこと

伸ばしておくことで、

収納しても絡まり合わず、

サッと取り出すことができます。

 

ステップ3 レジ袋を引出しに収納する

レジ袋をのばしただけで置いておくと、

見た目はごちゃごちゃしてしまいますよね。

 

そこで、引出しに収納することをオススメします。

引出しを閉めてしまえば、

ごちゃつきは気にならなくなりますよね。

 

こちらは、

無印良品の「ポリプロピレンケース引出式ハーフ・深型」(価格/890円・税込)と

「ポリプロピレンケース引出式ハーフ・浅型」(価格/790円・税込)を使用しています。

 

見た目が気にならなければ、カゴに収納するのもいいかもしれません。

 

再利用したい「ビニール製のショップ袋」の簡単な収納方法

綺麗なビニール袋は、

人に何かを渡すときに使用することもありますよね。

 

そんな袋は、レジ袋とは分けて収納しましょう。

 

紙袋と同じような用途になる場合は、

紙袋と同じ場所で収納しておくのがいいかもしれません。

簡単にしまえてサッと取り出せるようにしておくといいですね。

 

それに加えて、

使いたいときに気持ちよく使えるよう、

キレイに保管することも大切です。

 

こちらも、

引出しに収納したり、

カゴに収納したりするのがオススメです。

 

キレイな収納を維持するコツ

収納方法を決めて収納したら、

きれいな状態を維持したいですよね。

 

コツ1 動線を意識した場所に収納する

片付かない理由の一つとして、

人の動線と収納場所が合っていない

……ということがあります。

 

基本は「使う場所に収めること」。

そうすることで、出しやすく片付けやすい収納になります。

 

  • 毎日使うモノ
  • 週に1~2回使うモノ

……など、使用頻度の高いモノは

何をするにも、

3歩以内で取り出せる場所にモノを置くことを目標にするのがいいですね。

 

トノエルの場合、レジ袋は毎日使うモノ。

 

そこで、ゴミ箱からも近い

キッチンの入口に置いています。

子どもにも手が届く場所に置いているので、

工作に使いたいときに勝手に取り出して使っています。

 

最近は4歳の息子が、

ゴミ箱のゴミがいっぱいになったら、

レジ袋を取り出してゴミ袋を交換してくれることもあります。

トノエル
トノエル
もちろん、大げさに褒めました~!

 

一方、子どもに勝手に使われたくない

質の良いショップ袋は、

クローゼットの中に入れた引出しにしまっています。

月に数回出し入れする程度なので、

多少出し入れしにくい位置に収納していても、

特に問題ありません。

 

コツ2 ケースからはみ出るほど保管しない

収納場所を決めたら、

その収納場所に収まる量を「適正量」として、

それ以上に保存しないようにしています。

 

少しもったいない気もしますが、

引出しから溢れかえるほど詰まっていると、

サッと出し入れできませんよね。

 

レジ袋に関しては、

頻繁に出し入れする場所だからこそ、

使いやすさを第一に、

適正量を守ることが、

キレイな収納を維持するコツです。

 

もしものために、新品のレジ袋も常備

買い物するペースとレジ袋を使うペースが合わないとき。

まれに足りなくなることもあります。

 

また、子どもが学校や園などで使うために、

レジ袋を持たせないといけないこともあります。

そんな、

トノエル
トノエル
足りない!しわくちゃだと恥ずかしい!

……というときのために、

新品のレジ袋を100円ショップで購入して、常備しています。

数十枚入りなので、一度買えば1年くらいは大丈夫。

 

無駄な出費のようにも思われるかもしれませんね。

 

だけど、トノエルにとってレジ袋は、

一日に何度も出し入れするモノ。

 

そのレジ袋の快適な収納のためには、

しかたない出費なのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

増えやすいレジ袋やビニール袋を、

使いやすく収納する方法をご紹介しました。

 

モノの持ち方や使い方、使い勝手は人それぞれ。

ぜひあなたのご家庭に合った収納方法を考えてみてくださいね。

トノエル
トノエル
「整える」ほど丁寧じゃなく「トノエル」くらいがちょうどいい。丁寧っぽい暮らしをめざすトノエルでした!

無料講座「7日間でラク家事!冷蔵庫で実践する整理収納術」をプレゼント中♪▼

【LINE登録6つの特典】「トノエルの中の人」と友達になろう!LINE友だち限定(1)無料講座「冷蔵庫で学ぶ整理収納の基本」プレゼント♪1週間で使いやすい冷蔵庫になります!(2)サービスの先行告知・先行予約(3)友だち登録者限定企画 など、お得情報満載です。...

※掲載している商品名や価格は2019年7月時点の内容です。

同じ引出しを使用した、生活用品の収納方法はこちら!

無印の引出しで在庫管理がラクに!日用品や消耗品の収納アイデア ……こんな悩みはありませんか? そんなあなたは、 日用品は一カ所にまとめて、 モノの特徴に合わ...
たった1カ月で部屋がスッキリする方法

自分のペースで取り組めるオンライン通信講座+コンサルです。

最初から最後まで全部自分でやるので、
一生役立つ「整理収納」の知識や技能を身につけることができます。

 

こんな記事もおすすめ