マインド

行動#11【あの手この手】不安なときは手が止まっているとき

キーワード:あの手この手

今回のキーワードは「あの手この手」です。

このままでいいのか不安です
うまくいくか不安です

という方、聞いていってください。

不安になるのは手が止まっている時

不安になりますよね。
だけど、不安になっている時というのは、手が止まっている時なんですよ。

なぜなら、何かの行動に集中している時は不安にならないからです。

例えば、100メートルを全力疾走しながら不安に陥る人ってあんまりいないですよね。

3分後に電車が出てしまうと思って走って駅に向かっている人って、不安になっている場合じゃないじゃないですか。
手と足を動かすことに精一杯ですよね。

やれることはいっぱいある

あなたは、何かやり始めてみて上手くいかなかった時に不安になるんじゃないかなと思います。

例えば、ストーリーズでサービスの告知をしたけれど、申し込みが入らないと「このままゼロのままなのかもしれない」と不安になりますよね。

でも、 成果につながるためにやった方がいいことっていっぱいあるんです。

「ストーリーズでサービスの告知をやるだけでいいのか」そして「それは何回したのか」などですね。

例えばトノエルは1回のサービスの募集でストーリーズは70回ぐらい流します。
それからLINEは10回ぐらいします。
誰かが同じ時期に何かイベントやっていたら、顔出しをして知ってもらう努力をしたりします。

さらに、ライブだってやることもあります。この他にもやれることっていっぱいあるんですよ。
どんなことがあなたなら思い浮かびますか。

なんだったら興味を持ってくれそうな人に直接電話かけてもいいかもしれないし、「zoomで話しませんか?」って誘ってみてもいいかもしれないです。
住所を聞いて手紙を書いてもいいかもしれないし、菓子折りを持って会いに行ってもいいかもしれないですね。

何が成果に繋がるかなんて、やってみないとわからないじゃないですか。

それから、やれることっていくらでもあるんですよ。
あの手この手を使えばいいんです。

そして、不安になっているという時は手が止まってる時なので、あの手この手を思い浮かべてどんどんやっていく方が不安にはならないはずなんですよね。

もし、あなたが今不安に感じているのなら、手が止まっている証拠なんです。

やっているうちにわかってくる

やれることを書き出してみましょう。そして、やれることを全部やってみます。
やっているうちに、「これはやったら成果に繋がるな」とか「これはやってもあんまり意味なかったな」みたいなものがわかってきます。

そのうち精度が高くなってきて、これをやったらこのぐらいの成果に結びつくというのがわかったら、より安心して事業を進めていくことができるようになります。

チャレンジ:やれることを書き出してみよう

今日のチャレンジです。

やれることを書き出してみましょう。

経験不足で何も思い浮かばなかったら、上手くやっている人が何をやっているかよく観察してみてください。
もし話が聞ける機会があれば、上手くやれている人に尋ねてみるのもいいかもしれないですね。

不安な時は手が止まっている時です。あの手この手で手を動かしましょう。

最後までお聞きくださりありがとうございました。

【完全無料】集客セミナー

集客に悩む整理収納アドバイザーが

【私らしく働いて売上げ10倍をめざす5Daysセミナー】

LINEでお友だちになって、今すぐ受け取ってくださいね♪

友だち追加

こんな記事もおすすめ