DIY

賃貸の床はラグやマットでインテリアを楽しむ!原状回復可能なDIYアイデア

賃貸の床は、薄汚れていたり、好みの色や素材でなかったりして、残念に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

床の色や素材が好みじゃない
汚い床や畳をなんとかしたい!

……と思うこと、ありますよね。

そんな、ちょっと好きになれない床も、好みのラグやマット、フロアシートを敷くことで、自分好みの快適な空間にすることもできるかもしれませんよ。

 

また、

床に傷を付けたら修繕費は高額になるの?

……と不安ではありませんか?

 

賃貸住宅や社宅や官舎に8戸、のべ20年ほど借り暮らしをしつつ

オーナーとして9年間賃貸経営をしてきた

整理収納アドバイザーのトノエルが、

賃貸でも床を快適にしてインテリアを楽しむアイデア

知っておきたい床材の修繕費の負担をご紹介します。

※最終更新日 2021.03.04

「ラグ」で床を飾り、インテリアを楽しむ

賃貸アパートやマンションは安価な床材を使用されていることも多く、テカテカしていたり、ワックスが剥がれていたりで、流行りの無垢の床など程遠い雰囲気ですよね。

そんな床には、お好みのラグを敷いてみるのはいかがでしょうか?

 

カーペットなどでフロア全体を覆ってしまうと、メンテナンスも大変で衛生的にも心配ですが……

トノエル
トノエル
トノエルも息子もちょっとアレルギー体質なのよ…

 

床の一部だけ、お気に入りのラグを敷くと、こんな効果が!

  • 味気ない床がランクアップ!
  • 同じ部屋の中でも、くつろぐ場所、仕事をする場所など、ゆるやかにゾーニングできる
  • お気に入りのラグは、目に留まるたびにうれしい気持ちになる
トノエル
トノエル
最近、トノエルはラグの魅力にはまっています!

 

最近人気のラグにもいろんな種類があるので、簡単にご紹介しますね。

 

トライバルラグ

トライバルラグ」は直訳すれば「部族の絨毯」のことです。

遊牧民により生活の道具として伝統的に作られてきた手織りの敷物。

実用性に優れていて、使いこなれたオールド(中古品)も人気がありますね。

地域や部族、織る人によって、デザインされる色柄も異なり、全てが一点もの。

自分が好む部屋のイメージに合わせて、スタイリングするのも楽しいですね。

こちら、トノエル家にあるオールドのトライバルラグ

イランのハマダーンという町のラグとのこと。

 

もうすぐ引越しなので、新居の玄関のたたきに敷くつもりで購入しました。

シックで懐かしい雰囲気のデザインを気に入っています。

 

ギャッベ

ギャッベ」も遊牧民の生活の道具として育まれてきた手織りの敷物。

毛足が長くフカフカで、柄はあまり細かくないのが特徴です。

色はカラフルなモノからシンプルなモノまであって、ナチュラルで優しい雰囲気ですよね。

どんなお部屋にもスーッと馴染んでくれるものが見つかるのではないでしょうか。

 

ペルシャンラグ

ペルシャンラグ」は緻密なデザインと最高峰の技術でもって手織りされた絨毯のこと。

もはや「芸術作品」のようですよね。

日本では昔はシルクのペルシャンラグが美術品としての人気があったようですね。

一方、ウールのペルシャンラグは美しいだけではなく耐久性があるために、あまり気を使わずに使えるのも魅力です。

トノエル
トノエル
これぞ「丁寧っぽい暮らし」のアイテム

こちら、トノエルと娘が一目ぼれしてわが家にやってきたペルシャンラグ

イランのタブリーズという都市で織られた新しいものです。

昼は桜色に、夜はシックなベージュに見えます。

大切に扱っていくと、擦り切れたりしつつも艶を増して「経年美化」していくそう。

トノエル
トノエル
愛でて、育てていきます~

 

赤ちゃんも安心「コルクマット」

トノエルの第一子は、乳児のころ、築40年前後の団地を転々と引越す生活をしていました。

官舎というのか宿舎というのか……

そういうところに暮らしたことがある方にはおわかりいただけるかと思うのですが。

トノエル
トノエル
ちょっと悲しい思い出

トノエルが住んでいた団地も信じられないくらい汚くて、メンテナンスはほとんどされておらず、

  • 畳は薄汚く擦り切れている
  • 水まわりの壁はカビやシミだらけ
  • 網戸は触ると破れるほど劣化している
  • お風呂はタイルすら貼ってなくてコンクリートむき出しの床はカビだらけ

……という状況でした。

 

そんななかで、2歳までに3カ所の官舎を転々としてきた娘。

トノエル
トノエル
あちこち触るし舐めるし、ハイハイするし

……ということで、日中、娘の遊び場にしていた和室には、コルクマットを敷き詰めていました。

 

和の雰囲気が好みではない方は、畳の上にマットやシートを敷く、というのも自分好みのインテリアにするための方法かもしれませんね。

 

トイレ・洗面所の床には「クッションシート」

賃貸だと、特に水まわりの床の薄汚れはイヤですよね。

トノエルは、トイレの床にはクッションシートを重ねて置いています。

新品のクッションシートが1枚敷いてあるだけで、ずいぶん気分が違います。

 

脱衣所・洗面所にも、クッションシートを貼りました。

トノエル
トノエル
というか、切ってのせただけ(笑)

清潔感と高級感がアップしていますよね!

 

こういうタイプのシートを使用しています。

床のサイズやシートの品質にもよりますが費用は1,000円程度。

作業時間は1時間程度です。

特別な工具も必要なく、簡単にできます。

 

材料やDIYの方法はこの記事にまとめています。この記事、よく読まれています!

20枚の写真で見る!リフォームせずに賃貸のトイレを快適にする方法トイレは清潔に保ちたいのに、日々の汚れが溜まりやすくて困りますよね。 ……そんなあなたに試してほしい、 クッ...

 

賃貸でも畳の表替えはできる

畳の表替えとは、畳の表面のゴザ(畳表/たたみおもて)を新しいモノに張り替えることです。

賃貸でも、その家に長く暮らす予定があるのなら、いっそのこと畳の表替えをしてしまうのもいいかもしれません。

 

「畳の表替え」してもいい? 費用は入居者負担?

賃貸にお住まいの方は、

勝手に畳の表替えなんてしちゃってもいいの?

……って不安ですよね。

 

OKかどうかは、賃貸契約書を見ればわかるかもしれませんが、管理会社に尋ねてみるのが手っ取り早いかもしれません。

 

詳しくは後述しますが、国土交通省のガイドラインによると、