防災

非常時に備えたい人が最初に想像すべき3つの場面【トノエル防災研究室】

地震、津波、火災、竜巻、噴火、大雨、洪水、土砂崩れ……。

いつ、どこで、どんな災害に巻き込まれるかなんて、

誰にもわからないですよね。

 

だからこそ、その非常時への備えが、

難しいのではないでしょうか。

 

そこで、トノエルは起こりうる状況を

3つのケースに分けて、

それぞれに備えることにしました。

 

今回は、その3つのケースをご紹介します。

 

あなたなら、どんなふうに想定しますか?

一緒に考えながらお読みいただけると嬉しいです。

 

まずは、起こりうる非常時を想像してみる

さまざまなケースに対応できる、

「完璧な備え」ってどんなものでしょうか。

すべての状況に対応した備えって、無理~

……なんて声が聞こえてきそうですね。

 

それに、どんなに防災に精通された方でも、

防災専門家
防災専門家
○○を備えておけばバッチリ!

……なんて、そんな無責任なことは言えないはずです。

 

なぜなら、

  • 災害の状況
  • 家族構成
  • 家の状態
  • 周辺の環境

……などは千差万別なのに、

その状況によって

備えるべき場面や対策も変わってくるからです。

 

そこでトノエルは、非常時の状況を、

緊急性に合わせて3つのケースに分けて、

想像してみることにしました。

 

ケース1 超緊急避難

これは緊急性が一番高い場面「超緊急避難」

トノエル
トノエル
命を守るために、できるだけ素早く避難する

……という状況です。

 

トノエル家にありえそうな状況としては、

  • マンション火災
  • マンション周辺の大規模火災
  • 大きな地震でマンションが傾いた
  • 大きな竜巻でマンションが壊れた
  • 旅行中で自宅に帰れない状況で災害にあった
  • 自治体から警戒レベル5(災害発生情報)が発令され、命を守るために避難が適当だと判断した

……などが想像できます。

 

そのほか、立地によっては、

  • 津波が到達した
  • 台風や大雨で洪水や土砂崩になった
  • 大規模噴火で噴石、火砕流が到達した

……などの状況も、

「超緊急避難」すべき状況になりますね。

 

ケース2 緊急避難

2つ目の場面は「緊急避難」

トノエル
トノエル
自宅外のほうが安全そうなので、自宅にいられなくはないけど避難する

……という状況です。

 

トノエル家にありえそうな状況としては、

  • 大地震のあとの余震が続いている
  • マンションの構造に不安を感じた
  • 自宅だと情報がなさすぎて不安
  • 自治体から警戒レベル4(全員避難!)が発令された
  • 自治体から警戒レベル3(避難に時間を要する人は避難!)が発令された

……などが想像できます。

 

そのほか、立地によっては、

  • 津波が到達するかもしれない
  • 台風や大雨で洪水や土砂崩れの恐れがある
  • 噴火で噴石、火砕流の恐れがある

……などの状況も、

「緊急避難」すべき状況になりますね。

 

ケース3 在宅避難

3つ目の場面は「在宅避難」

トノエル
トノエル
ライフラインは遮断されているが、自宅で生活する

……という状況です。

 

トノエル家にありえそうな状況としては、

  • 大地震などで上下水道・電気・ガス・ごみ収集などが長期間ストップする
  • マンション自体は崩壊の恐れはなく、避難所より安心して過ごせる
  • 避難所に入ることを拒否された
  • 自治体から警戒レベル3(避難に時間を要する人は避難!)が発令されたとき
  • 自治体から警戒レベル2(避難行動の確認)が発令されたとき
  • 自治体から警戒レベル1(心構えを高める)が発令されたとき

……などが想像できます。

 

3つのケース、それぞれに対応策を考える

非常時の状況を、緊急性ごとに3つに分けてみました。

あなたの場合は、どうなりましたか?

 

トノエルは、この3つのケースごとに、

対応策を考えて備えることにしました。

 

これまで、見て見ぬふりをしてきたというか、

考えたくないと思考停止してたというか。

 

それでもやっぱり想像してみるってことが、

大切なんだなと気づきました。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、非常時の状況を、緊急性に合わせて3つのケースに分けてご紹介しました。

次回は、「ケース1 超緊急避難」の状況をさらに詳しく想像していきます。

 

丁寧な暮らしに憧れがあっても。

まず大切なのは、家族と自分の命

 

日々の暮らしと、防災、

どちらかに偏ることなく、

ほどよいバランスを見つけていきたいですね。

トノエル
トノエル
「整える」ほど丁寧じゃなく「トノエル」くらいがちょうどいい。丁寧っぽい暮らしをめざすトノエルでした!
たった1カ月で部屋がスッキリする方法

自分のペースで取り組めるオンライン通信講座+コンサルです。

最初から最後まで全部自分でやるので、
一生役立つ「整理収納」の知識や技能を身につけることができます。

 

こんな記事もおすすめ