サービス利用規約(トノエル式「通信講座+コンサル」)

トノエルは、『サービス利用規約(トノエル式「通信講座+コンサル」)』(以下「本規約」といいます。)を定め、本規約に従い、『トノエル式「引越し通信講座+コンサル」』及び『トノエル式「整理収納通信講座+コンサル」』(以下「本サービス」といいます。)を提供します。また、本規約の他、『トノエル式(https://tonoel.com)』(以下、「当サイト」とします。)のプライバシーポリシー免責事項等の記載も、本規約の一部として適用されます。

 

第1条(本サービスについて)

本サービスは、トノエルが運営する当サイト及びSNS(LINE)を通じて、コンサルタントへの連絡、情報の閲覧を行うことができる会員制のコンサルティングサービスです。

 

第2条(定義)

本規約において、用語の定義は、別途定義されている場合を除き、以下のとおりとします。
(1)「申込者」とは、本サービスの入会申込みをする者をいいます。
(2)「会員」とは、第4条に従って会員登録を行った者をいいます。
(3)「プレミアム会員」とは、プレミアムコースに申し込み、会員登録した者をいいます。
(4)「スタンダード会員」とは、スタンダードコースに申し込み、会員登録した者をいいます。
(5)「ライト会員」とは、ライトコースに申し込み、会員登録した者をいいます。
(6)「有効期間」とは、会員が本サービスを利用することができる期間をいいます。
(7)「配信コンテンツ」とは、トノエルが本サービスにおいて会員に対し配信する文章、画像等をいいます。なお、配信コンテンツの著作権については、トノエルに帰属します。
(8)「会員投稿情報」とは、会員が本サービスに投稿する文章、画像及び動画等を含む一切の情報をいいます。なお、会員投稿情報の著作権その他一切の法的権利については、会員投稿情報を投稿した会員又は当該会員に利用を許諾した第三者に帰属します。

第3条(会員資格)

本サービスを利用するには、会員になる必要があり、会員になるには、以下の要件を全て満たすことによって会員の資格が付与されます。
(1)本規約に同意し、サービス申し込みを完了すること
(2)会員となる者が未成年者の場合、法定代理人の同意を得ること

 

第4条(会員登録)

1.申込者はトノエルに対し、トノエルが定める方法により本サービスの入会申込みを行うものとします。
2.本サービスの会員登録(以下「会員登録」といいます。)は、申込者が利用料金を支払い、会員登録ページから登録を行った時点で完了します。
3.申込者は、トノエルが申込者からの入会申込みについて、承諾しない場合があることを予め同意するものとします。なお、トノエルは申込者に対し、不承諾の理由を説明する義務を負わないものとします。

 

第5条(利用料金等)

1.本サービスを利用するには、本条第3項に定める方法により、トノエルに対して、利用料金(以下「利用料金」といいます。)を前払いで支払う必要があります。会員は利用料金を支払うことにより、有効期間中本サービスを利用することができます。
2.プレミアム会員およびスタンダード会員については、自主退会、又は会員資格が失効しない限り原則6カ月間、自動的に更新(以下「自動更新」といいます。)されるものとします。ライト会員については、1カ月ごとに利用料金を支払うことで会員資格を保持することができます。
3.利用料金の支払い方法は、PayPal(ペイパル)(以下「Paypal」といいます。)を利用した決済に限るものとします。
4.トノエルは、利用料金を変更する場合、やむを得ない場合を除き、変更日の1か月前までに会員に告知するものとします。

 

第6条(返金)

1.会員が本サービスを有効期間内に自主退会、又は会員資格が失効した場合、トノエルは、会員が支払った利用料金について、返金を行わないものとします。
2.会員が本項(1)の条件を満たしてなお、所期の学習効果が認められなかった場合、会員からトノエルに返金の申請(以下、「返金申請」と言います。)をいただければ、電話相談の上、利用料金1ヶ月分を全額返金するものとします。
(1)申請する会員は、配信コンテンツによる学習を行い、SNS(LINE)またはメールを通じて、トノエルへの連絡を10回以上行ってきたこと。
(2)返金申請は、有効期間内に行うこと。
(3)返金はPaypalにて、申請があった日から原則30日以内に返金処理を行います。詳しくは、Peypalのサイトをご確認ください。
(4)返金申請は会員1名につき1回のみとし、以降の申請は認めません。

 

第7条(禁止事項等)

1.トノエルは、会員による本サービスの利用に際して、本規約に別途定める事項及びその他規則等に記載する事項の他、以下の行為を禁止します。なお、以下の各号に定める禁止事項は、会員投稿情報にも適用されるものとします。
(1)他の会員、トノエル又は第三者の著作権、商標権、特許権、実用新案権、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(2)他の会員、トノエル又は第三者を誹謗中傷し、又は名誉もしくは信用を傷つける行為
(3)差別に繋がる民族、宗教、人種、性別又は年齢等に関する表現行為
(4)自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用又は脱法薬物使用等を勧誘・誘発・助長するような行為
(5)会員資格の売買、その他類似行為
(6)他の会員、トノエル又は第三者に不利益を与える行為
(7)公序良俗、その他法令に違反する行為又は犯罪に結びつく行為及び当該行為を勧誘・幇助・強制・助長する行為
(8)トノエルの事前の承諾なく、本サービスにより得た情報を転載又は引用及び他メディアへの掲載等をする行為
(9)反社会的勢力に利益を提供し、又は便宜を供与する行為
(10)他の会員の情報収集目的、宗教や政治活動への勧誘目的で本サービスを利用する行為
(11)他の会員による本サービスの利用を妨害する行為
(12)他の会員又は第三者になりすまして、本サービスを利用する行為
(13) 各種SNSの定める規約等に反する行為
(14)配信コンテンツの著作権、商標権等の知的財産権その他の権利を侵害し、又は侵害するおそれのある行為(配信コンテンツを複製、改変、公衆送信、送信可能化、アップロード、レンタル、上映又は放送する行為がこれに該当しますが、これに限られるものではありません。)
(15) 配信コンテンツに施された技術的保護手段を回避する行為
(16) 本サービスを通じて取得した個人情報を本人の同意なく第三者に提供する行為
(17)本サービスにより提供される情報を改ざん・消去する行為
(18)当サイトのサーバーに過度の負担を及ぼす行為
(19)本サービスに接続されている他のコンピューター・システム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為
(20)コンピューターウィルス等有害なプログラムを使用し、もしくは提供する行為、又はこれらの行為を推奨する行為
(21)本サービス又は本サービス上で使用されているソフトウエアをリバース・エンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブルする行為
(22)本サービスの他、トノエルの運営するサービスを妨害する行為
(23)前各号に定める行為を助長する行為
(24)前各号に定める行為と疑われる行為
(25)その他、トノエルが不適切と判断した行為
2.前項各号の禁止事項に該当するか否かについては、トノエルの裁量により判断することができるものとします。

 

第8条(退会)

1.プレミアム会員およびスタンダード会員は、Paypalでのキャンセル手続きを行うことで、当該有効期間の終了とともに退会することができるものとします。
2.有効期間の終了を待たず直ちに退会したい場合、プレミアム会員およびスタンダード会員は、本条第1項の手続きを行ったうえで、トノエルに連絡することにより、退会の手続きを行います。また、ライト会員はトノエルに連絡することにより、退会の手続きを行います。ただし、この場合、第6条第1項の規定が適用されるものとします。
3.会員が本サービスを退会した時点で、本サービスの閲覧、投稿、SNS(LINE)を通じたトノエルへの連絡を利用できなくなります。会員は、更新までの残日数に対しての分割返金の要求は一切行わないことを了承するものとします。

 

第9条(会員資格の失効)

会員において、以下の事由が生じた場合、会員資格は失効するものとし、当該会員は本サービスの全部又は一部が利用できなくなります。
(1)第10条に定める場合

 

第10条(規約違反行為等に対する措置)

トノエルは、本サービスを適正に運営するため、会員が以下に定める事項に該当する場合には、あらかじめ会員に通知することなく、会員投稿情報の削除、本サービスの利用停止、会員資格の失効等、必要な措置を講じることができるものとします。
(1)会員が本規約に定められている事項もしくはその他規則等に記載する事項に違反した場合、又はそのおそれがあるとトノエルが判断した場合
(2)会員とトノエルとの間の信頼関係が失われた場合もしくはトノエルが会員による本サービスの利用を不適当であると判断した場合

 

第11条(本サービスの停止、変更、終了)

1.トノエルは、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの全部又は一部の提供をいつでも停止することができるものとします。
(1)本サービスに係るシステムの点検又は保守作業等を行う場合
(2)システム、通信回線等が停止した場合
(3)地震、落雷、火災、風水害、停電等の天災事変その他非常事態の発生した場合
(4)各種SNSのサービスが停止した場合
(5) その他、トノエルが本サービスを停止することが必要であると判断した場合
2.トノエルは、トノエルの都合により、本サービスの内容を変更し、又は本サービスの提供を終了することができるものとします。なお、トノエルが本サービスを停止、変更又は終了(以下「停止等」といいます。)する場合、会員に対して可能な限り事前に通知するよう努めますが、緊急な場合等、事前に通知ができないこともありますので予めご了承ください。
3.トノエルは、本サービスの停止等によって会員が被った損害を賠償する責任を負わないものとします。

 

第12条(免責事項)

1.トノエルは、以下に掲げる事項について、一切保証しないものとします。会員は、本サービスの利用及び本サービスにより提供される情報の有用性等を自己の判断、かつ責任で利用するものとします。
(1)本サービスで提供される全ての情報(本サービスから提供される情報及び本サービス上に表示される第三者が管理又は運営するリンク先に含まれる一切の情報等を含みます。以下、本項において同様とします。)に関する、有用性、適合性、完全性、正確性、信頼性、安全性、合法性、道徳性、最新性
(2)会員間のやりとりに関する一切の事項
(3)各種SNS上に掲載されている事項
(4)本サービスの提供に不具合、エラーや障害が生じないこと
(5)本サービス上における情報及び配信コンテンツが第三者の権利を侵害しないこと
(6)本サービスの存続又は同一性が維持されること
2.会員は、他の会員との間で紛争が生じた場合には、当事者間においてこれを解決するものとします。
3.会員による本サービスの利用に伴い、トノエルの債務不履行又は不法行為に基づき会員に損害が発生した場合、トノエルは会員に対し、当該債務不履行又は不法行為が生じた月において、当該会員に生じる利用料金の額を上限として、損害賠償責任を負います。ただし、トノエルに故意又は重過失がある場合はこの限りではありません。

 

第13条(損害賠償)

会員の行為(会員の行為が原因で生じたクレーム等を含みます。)に起因してトノエルに損害が発生した場合、トノエルは会員に対し、当該損害の全額(トノエルが支払った弁護士費用を含みます。)を賠償請求できるものとします。

 

第14条(個人情報の取扱い)

1.トノエルは、申込者及び会員が本サービスを利用する際にトノエルに対して提供する個人情報を、トノエルの「プライバシーポリシー」の規定に則り、取扱うものとします。なお、本条において個人情報とは、「個人情報保護に関する法律」に定められる個人情報をいいます。
2.トノエルは、個人情報を、以下の各号に定める目的で利用することができるものとします。
(1)本サービスの提供を行う目的
(2)申込者の入会審査に関する手続に協力する目的
(3)退会後の連絡を行う目的

 

第15条(規約の変更)

1.トノエルは、トノエルが必要と判断した場合には、本規約及びその他規則等を、申込者及び会員に対する事前の通知なく変更することができるものとします。
2.変更後の本規約については、本サービス上に表示した時点で効力を生じるものとし、本規約変更後に、申込者及び会員が本サービスを利用した場合には、会員は変更後の本規約の内容を承諾したものとみなします。

 

第16条(トノエルからの通知)

1.トノエルから申込者、会員への連絡事項については、会員がサービス申し込みの際に登録したメールアドレス又は各種SNSを通じて連絡又は通知を行います。
2.申込者及び会員は、前項のメールアドレス等連絡先に変更がある場合、直ちにトノエルに連絡をして変更手続きをするものとします。
3.申込者及び会員が前項に定める変更手続きを怠ったことにより、申込者及び会員に損害が生じたとしても、トノエルは何らの責任を負わないものとします。

 

第17条(権利義務の譲渡禁止)

会員は、本規約に基づく全ての契約について、その契約上の地位及びこれにより生じる権利義務の全部又は一部を、トノエルの書面による事前の承諾なく第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとします。

 

第18条(分離可能性)

本規約のいずれかの規定が会員との本規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該会員との契約には適用されないものとします。ただし、この場合でも、本規約の他の規定の効力には影響しないものとします。

 

第19条(準拠法、裁判所)

1.本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。
2.トノエル、申込者及び会員は、本規約に関し、トノエルと申込者及び会員との間で生じた紛争の解決について、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることをあらかじめ合意するものとします。

 

2019年 6月1日 策定

2019年7月16日 改定

2019年7月22日 改定

2020年 4月 9日 改定